LEONA MOON

物理専攻、宇宙と旅と歌が好きです。琉球大学3年生です。京都出身。

高校生のときのお話

宇宙にどっぷり浸かるきっかけになった高校生のときの活動について書いていきます。

 

高校時代は、ミュージカルやディズニーや洋楽が好きで、また、何のきかっけか忘れましたが国際協力系の仕事に就きたいなあと漠然に考えていて、英語教育が特化されている紫野高校の英文系(今はアカデミア科という名前になっています)に入学しました。

f:id:reospace2016:20180902195324j:plainf:id:reospace2016:20180902200434j:plainf:id:reospace2016:20180902200607j:plain

2週間、オーストラリアのメルボルンに滞在できる研修旅行もあります。

英語を話せるようになりたくて入学したにもかかわらず、恥ずかしさからなのか、全然話せることなく卒業しました。あほや。

この高校は私服校で、自由な校風が売りの学校でした。問題視されて今は変わっているそうですが。

matome.naver.jp

こんな感じで、すんごいわちゃわちゃしている高校でした。ハロウィンのときに仮装していなかったら浮くぐらいの・・・。このまとめは私が卒業した次の年ですかね。

同級生のほとんどが、自分を持っていて、こだわりがありました。

英文系のみんなは特にすごくて、海外志向の子がほぼ全員。卒業してからもほとんどの人が海外に行って活躍しようとしています。ダンサーや研究者やCAや、スポーツ選手の子もいます。ほんっとすごくて、負けてらんないなあと常々思いますね。

 

そんな中で、高校2年生の最初に文化祭で発表するためのポスター作成に参加しないか、という話が入ってきました。ポスターセッションの誘いです。

そのとき、なぜかは忘れたんですが、宇宙好きが集まって、テーマが宇宙になったんです。

指導教員は、京大の院生で、臨時で教えに来ている先生や、若手の先生でした。

 

4人いたのかな、それぞれ、月と火星と木星と金星を担当して、「どうやって住めるか」を考えてポスターにまとめました。私はを担当!学校の本を漁ったり、放課後パソコン室に残って大量に文献を印刷したり(笑)夏休みに入り、お盆休みの日は、青少年センターを予約して、Skypeで先生と通話したり、料理室を借りてご飯を作ったり。

宇宙だからということで、京都大学の花山天文台や博物館の見学も連れて行ってもらいました。そのときに、スノーボールアースのことを知ったり、天体望遠鏡に初めて触れました。

今思えばめっちゃ自由に活動させてもらえていましたね。感謝しかない・・・。

 

f:id:reospace2016:20180902180721p:plainf:id:reospace2016:20180902182055j:plain

 楽しかった写真たち。

f:id:reospace2016:20180902182130j:plainf:id:reospace2016:20180902185419j:plain

そんなこんなで作成したポスターはこちら。今思えば、どの予算でやってはったのかな。これコピーするにもわりとお金かかりますよね・・・。

f:id:reospace2016:20180902182221j:plainf:id:reospace2016:20180902182255j:plain

この夏休みの間に、私が大阪大学オープンキャンパスに行ったんです。

そのとき、たまたま宇宙地球科学科の建物に行って、佐伯和人先生に出会いました。 

世界はなぜ月をめざすのか (ブルーバックス)

世界はなぜ月をめざすのか (ブルーバックス)

 

この本の発売前ですね。

月探査衛星かぐやのお話をされていて、説明が終わった後、質問攻めしたんです。

そのあと、そのことを友達に話したら、俺も質問したい!!ってことでまた研究室を訪ねたら、今度みんなで来ていいよって言って、名刺をくださったんですね。

その時は、「お~また来ていいんか~やった~~」みたいなノリで、先生に話したら、やばいもん持ってきたなという雰囲気になって、急いで先生が訪問のアポを取ってくれました。

例外の高大連携のできあがり~~~です。

普通、学校から行く研究室訪問はちゃんとその大学の事務を通さないといけないみたいです。(知らんかった)

私たちのポスターをもっていって、その研究室の先生方の前で発表し、アドバイスをたくさんもらいました。その前にも、宇宙惑星科学科の他の研究室を見学させていただき、理系に進みたい!と志すきっかけになりました。

2年目は、後輩がメインで訪問して、そのときは佐々木先生もいらっしゃり、研究室総出でした。対応が手厚すぎて、それが普通なんだと思っていたんですが、そうじゃないみたいです。感謝の言葉以外、何も言えないです。

貴重な経験をさせていただきました。

 

このポスターは、堀川高校SSHの発表会でも一緒に並べてもらったり、リバネスのサイエンスキャッスルにも行きました。

行きたい!といったところ全部行かせてもらい、ほんっとーに高校の先生には感謝しかないです。

 サイエンスキャッスルでは、リバネス賞を受賞!

http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=300803&type=1&column_id=441588&category_id=886&date=20131226

サイエンスキャッスル2013 in KANSAI | サイエンスキャッスル by リバネス

 私服なのが私たちですw

 

そんなこんなで、進路を理系にし、物理学科を目指すことになりました。

でも、もともと数学と物理が死ぬほど嫌いで苦手な私にとって、全然楽な道ではなかったです。1浪してやっと琉球大学の物理系に入学できました。

勉強法を一から教えてもらって、「自分で考えて問題を解く」っていう思考を知りました。それまで、すぐ答えを見ていたんですね。

まあ、私に受験法は聞かないで・・・・・・・

これから受験の人は、入れるとこに入って、そこで頑張ってほしいです。

 

 

 

高校での活動はこんな感じ。一緒に活動して振り回した友達、先生ありがとうございました!!!!(笑)

この他に、劇団でミュージカルしたり、合唱団で歌ったり、生徒会してました。

科学館にも行ったり!

f:id:reospace2016:20180902194413j:plainf:id:reospace2016:20180902194612j:plain

 

充実した高校生活でした。

学生宇宙団体SPICA http://www.spica.jp.net/

にも入って、ネット上で宇宙が好きな子たちと交流してました。会うのは大学に入ってからです。